セックスでのクラミジアはミノサイクリンが最大の治療法

セックスで感染をする病気の中に、淋病という性行為感染症があります。この淋病に感染すると尿道にムズムズ感を感じたり、排尿時痛を感じることがあります。また外陰部にかゆみを覚えることもあります。ほかの性病でも同じような症状を感じることがありますが、確定の診断を出すためには、専門医に診察をしてもらい、検査をして菌を確認することが大切です。自覚症状があり、病院を訪れる場合、女性だったら産婦人科を、男性だったら泌尿器を訪れることがほとんどです。そこで、視診、尿検査、細菌検査を行い確定診断を出します。そしてもしも淋病と診断されたら、テトラサイクリン系の抗生物質であるミノサイクリンの治療法を選択することが多いです。外陰部の症状だけの場合は一定期間ミノサイクリンの内服を行うことがほとんどですが、血流によって全身に感染が広がっている場合にはミノサイクリンの静脈注射の治療法を用います。静脈注射をすることにより、より強い効果が期待できます。また検査によってセックスの時にクラミジアなども同時に感染していることが分かることもあります。この場合には、ミノサイクリンと同時にクラミジアにも効果があるアジスロマイシンを内服する必要があります。いずれにしてもきちんと内服することが大切であり、定期的に診察を受け、まだ菌がいるかどうかの判定をすっかり受けることが大切です。また淋病は非常に耐性を作りやすいことで問題になっています。自己判断で治療法の途中でやめてしまった場合には、耐性菌ができ同じ薬が使用できないということもあります。またセックスをすることにより、他者に感染させる可能性や自分がほかの性病に感染する確率も高くなります。