ミノサイクリンで性病治療

ミノマイシンとミノマイシンのジェネリック医薬品の主成分は、ミノサイクリンであり、テトラサイクリン系の抗生物質となります。
ニキビ治療や淋病、クラミジアなどの性病治療に、幅広く使用されています。
ミノサイクリンは、テトラサイクリン系抗生剤の中でも、第一選択となることが多い薬です。

ミノサイクリンを主成分とした薬は、1回1錠(または1カプセル)を、1日2回服用するだけで済み、1日4回服用する必要のある、他のテトラサイクリン系抗生物質よりも、患者への負担が少ないことから、第一選択されるというわけです。
ミノサイクリンは、特許期限がすでに切れているために、複数の商標名でジェネリック医薬品が販売されています。

服用時の注意点としては、牛乳や乳製品と一緒に飲むと、この薬の吸収が悪くなりますので注意しましょう。
通常、3日~4日飲めば、効果があらわれてきます。

クラミジア感染症の治療の場合には、効果が実感できたとしても、原則として2週間は服用してください。自己判断で服用を中止することは厳禁です。

性病クラミジアが完治したかどうかを判断するには、最低でも投薬完了後3週間以降に、クラミジア菌検出検査を行って、性病クラミジアの陰性化がなされたかどうかを、みなければいけません。
また、性病クラミジアは、ピンポン感染が多い性感染症となりますので、治療の際には、パートナーと二人で治療することが必要となります。
放っておくと体内で細菌が増殖してしまい、気づかないままパートナーへうつすことになってしまいます。
クラリスロマイシンは殺菌効果のある薬でクラミジアに効果的です。症状に合わせてミノサイクリン以外の薬も検討することも大切です。

ミノサイクリンの副作用としては、軽い頭痛やめまいを感じる方が多くいらっしゃいます。
また、人によっては、胃の不快感や吐き気を催す場合があります。
重篤な副作用は、ほとんど報告されてはいませんが、ひどい症状が続く場合には、医師に相談することをおすすめします。

■感染症の治療薬について
感染症にノバモックスがおすすめ